白髪染めの用語集ま行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メラニン色素

毛髪の髪の色を決める要素です。
黒~茶褐色のユーメラニン(真メラニン)と、赤褐色 – 黄色のフェオメラニンの2種類があります。色の濃さはユーメラニンにより、黄色み・赤みはフェオメラニンによります。ユーメラニンが多いと髪の毛は黒に近づきます。

メラノサイト

メラニン色素を作る細胞です。髪は頭皮内で成長する過程でこのメラノサイトからメラニン色素を取り込んで生えてきます。

毛皮質

コルテックスの別名です。キューティクルとメデュラの間に位置していて、髪の約80%を占めています。
髪の色を決めるメラニン色素が含まれているため、白髪用ヘアカラーの染料もこのコルテックスに作用するように作られています。