白髪染めの用語集あ行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルカリ性酸化染毛剤

永久染毛剤の一種です。普通のヘアカラーや白髪染めと同じで一般的な髪を染める染剤です。アルカリ性が強いという特徴があります。
髪を染めるときには、まずアルカリ剤でキューティクルを開き、そこに酸化染料が浸透していきます。
アルカリ性が強いとキューティクルを開く効果が高いので、染まりやすいので発色が良いです。
ただ、キューティクルを無理に開けばその分痛みます。また、水分が蒸発してしまうため、髪の乾燥もひどくなります。これを使う場合は、より丁寧にアフターケアをして保湿をする必要があります。

一時着色料

一時着色料はヘアカラーリング剤の一種です。ヘアカラーリング剤には「染毛剤 (医薬部外品)」と「染毛料 (化粧品)」があり、染毛料の方です。

一時着色料は髪の表面に顔料 (色素) を付着させ一時的に染めるもので、シャンプーで簡単に落ち、皮膚アレルギー試験 (パッチテスト) の必要もありません。

白髪用ヘアカラーでは、生え際を手軽に染める泡タイプのものや、広い範囲をスピーディーに染めるスプレータイプのものがあります。

色持ち

ヘアカラーで染めた髪の色が保たれること、またはその期間を意味します。
白髪用ヘアカラーは2~3カ月色が保たれますが、毎回パッチテストが必要です。
パッチテストがいらないヘアマニキュアはシャンプーの度に徐々に色が落ち、一時着色料は一度のシャンプーで色落ちします。

永久染毛剤

ヘアカラーリング剤の一種です。ヘアカラーリング剤には「染毛剤 (医薬部外品)」と「染毛料 (化粧品)」があり、染毛剤の方です。
永久染毛剤はシャンプーしても色落ちせず、2~3カ月ほど持ちます。
体質によってはアレルギー反応を起こすことがあるため、使用の際にはパッチテストが必要です。