女性向けのおすすめ白髪染めランキングTOP5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性向けのおすすめ白髪染めを5つランキング形式でご紹介したいと思います。いろいろ種類があるので、まずは知ることから始めましょう。

白髪染めの種類って?

年齢を重ねてきた女性が気になってくるのが白髪ですね。
昔はぴょこっと1本生えていただけなのにいつの間にか目立つようになってきます。

美容室で白髪染めするのも良いですが、ちょっとお値段が…という方は
自宅で簡単に染めることもできますよ。

とはいえ、種類が多くてよくわからないという方もいるはず。
まずは大きく5つの種類があることを知りましょう。

ヘアカラー クリームタイプ

市販や美容室で一番多く使われているのがクリームタイプです。

全体染めでも部分染めでも使えて、
必要な分だけ使えるので使い勝手が◎。

ちなみに@コスメのランキングでは、
ロレアルパリのエクセランスシリーズが人気でした。

ヘアカラー マニキュアタイプ

髪の毛の中に色を入れるわけではなく髪の毛の表面をコーティングするだけなので、
持続性はありませんが、髪や頭皮への負担が少ないです。
通常のヘアカラーができない方やヘアカラーをやめたい方におすすめです。

ヘアカラー 乳液やジェルタイプ

さっと伸ばしやすいので簡単です。
毛束の中にも入っていきやすいので、むらなく染められるのがポイントです。
髪全体を染めるのに向いています。

ヘアカラー 泡タイプ

プッシュ式で出しやすく、パーマの方だとスタイリングと同じ感覚で染められて手軽です。
もみこむことで、奥の方も綺麗に染まります。

使い切りタイプが多いので、髪全体を染める方向けです。

ヘアカラー トリートメントタイプ

毎日のお風呂で使えて手軽です。
少しずつ染まっていくので、生え際も目立ちません。

髪の痛みが少ないのですが、
時間をかけたくない方には向いていません。

白髪染めトリートメントを長持ちさせる方法

アミノ酸シャンプーにする

白髪染めトリートメントは髪をこまめにケアできますが、色落ちしやすいという方も多いです。

しかし、アミノ酸シャンプーにすると染料が落ちにくくなると言われています。

シャンプー後はタオルで乾かし、ドライヤーをかけます。
仕上げに冷風を当てるとキューティクルが締まり、さらに色落ちしにくくなります。

色落ちが気になる方はアミノ酸シャンプーを使いましょう。

髪の毛を傷めるのを防ぐ

この前白髪染めしたのにすぐ白くなる方、
その原因の1つは髪のダメージです。

白髪染めトリートメントは白髪をコーティングした状態です。
そのとき酸性雨を浴びたり、パーマをかけると簡単にとれてしまいます。

せっかくの白髪染めを少しでも長持ちさせるため、髪の毛のダメージには気をつけましょう。

紫外線対策

白髪染めの持ちが悪くなる原因の1つはキューティクルや髪のダメージです。

髪が傷むと髪の内側が乾燥し、せっかく染めた髪の色落ちが加速します。
特に日中の紫外線が白髪染めの持ちを悪くさせる大きな原因となっています。

そのため、日中外出するときはUVカットの日傘や帽子を使って
紫外線を極力避けましょう。

紫外線は屋内にも入るので、UVカットのカーテンや
紫外線から髪を保護するヘアオイル・スプレーなども使うと安心です。

白髪染めをする頻度は要注意

白髪染めの中には頭皮への刺激が強い成分もあります。
月に何度も白髪染めをすると、頭皮が痛み、抜け毛や薄毛の原因となります。

髪への負担を考えると2ヶ月に1度ぐらいにするのが良いでしょう。
あまりに多く白髪染めをしている場合は特に注意が必要です。

市販の白髪染めにも多くの種類があります。
白髪が気になるとは思うのですが、使う頻度には注意しましょう。

白髪染めトリートメントが頭皮や手、床に付いたらどうする?

頭皮や手に付いた場合には、すぐ洗い流せばOKです。
時間が経っているときは除光液がオススメです。
ティッシュやコットンに除光液を少したらし、汚れている部分に当ててふくと落ちます。
除光液は皮膚に刺激がある場合もあるので、使った後は水でしっかりと拭き取りましょう。

敏感肌の方には石鹸がお勧めです。
石鹸はアルカリ性なので、シャンプーなどよりも白髪染めトリートメントを落とす力が強いです。

また、浴室の床に付いたときは基本的には落ちやすいのですが、
付いてすぐは水や石鹸、お風呂用洗剤で簡単に落とせます。

時間が経っているときはメラミンスポンジを使いましょう。
早めに対処が基本です。

自宅で簡単にできる男性向け白髪染めヘアカラーとは?

自宅で白髪染めヘアカラーをしようと思っていても、
不器用な男性も多いですよね。

女性用を使っても全然問題ないのですが、
メンズビゲンなど男性向けの使いやすい白髪染めヘアカラーもありますよ。

白髪染めトリートメントオススメ人気ランキング

5位 ヘアボーテ シーエッセンスカラーホーム

4位 白髪用カラートリートメント【キラリ】

3位 POLA【グローイングショット】カラートリートメント

トリートメントとしても満足できるレベルで、染まり具合は人それぞれです。
調べてみたところ、公式サイトで買うのが一番お得でした。¥3,132~です。

グローイングショットカラートリートメント

グローイングショット カラートリートメント

成分
BK0341
水、ステアリルアルコール、グリセリン、DPG、ステアラミドプロピルジメチルアミン、水添ポリデセン
以下の成分1%以下、順不同
加水分解コメエキス、タベブイアインペチギノサ樹皮エキス、セラミド2、セラミド3、ユズ果実エキス、ヒマワリ種子エキス、オタネニンジン根エキス、トチャカエキス、クレアチン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、PCA、PCA-Na、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、加水分解コラーゲン、コメヌカ油、スフィンゴ糖脂質、イソステアリン酸、水添レシチン、オレイン酸ポリグリセリル-10、デシルグルコシド、フィトステロールズ、アモジメチコン、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、セテス-20、セテス-2、クエン酸、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、エタノール、BG、乳酸Na、香料、フェノキシエタノール、塩基性青99、HC赤3、HC黄2、HC青2

BR0342
水、ステアリルアルコール、グリセリン、DPG、水添ポリデセン、ステアラミドプロピルジメチルアミン
以下の成分1%以下、順不同
加水分解コメエキス、タベブイアインペチギノサ樹皮エキス、セラミド2、セラミド3、ユズ果実エキス、ヒマワリ種子エキス、オタネニンジン根エキス、トチャカエキス、イソステアロイル加水分解コラーゲン、イソステアロイル加水分解コラーゲンAMPD、加水分解コラーゲン、クレアチン、アスパラギン酸、アラニン、アルギニン、イソロイシン、グリシン、セリン、トレオニン、バリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、プロリン、PCA、PCA-Na、コメヌカ油、スフィンゴ糖脂質、水添レシチン、イソステアリン酸、デシルグルコシド、フィトステロールズ、オレイン酸ポリグリセリル-10、アモジメチコン、テトライソステアリン酸ペンタエリスリチル、セテス-20、クエン酸、セテス-2、乳酸Na、香料、ポリクオタニウム-10、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、エタノール、フェノキシエタノール、塩基性青99、HC赤3、HC黄2、HC青2、BG

容量
1本200g

⇒ 公式サイトはコチラ

2位 LPLP ヘアカラートリートメント

LPLP白髪染めヘアカラートリートメント

くろめヘアカラートリートメント

成分
水、水添ナタネ油アルコール、ミリスチルアルコール、BG、グリセリン、ソルビトール、尿素、ステアリルトリモニウムブロミド、ガゴメエキス、ベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキス、ヒアルロン酸Na、ポリ-γ-グルタミン酸Na、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、ヒキトサン、グリシン、ラベンダー油、ローズマリー油、オレンジ油、ステアラミドプロピルジメチルアミン、結晶セルロース、炭酸水素アンモニウム、乳酸、オクトキシグリセリン、パルミチン酸エチルヘキシル、イソステアリン酸オクチルドデシル、水添ロジン酸ペンタエリスリチル、イソプロパノール、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、アルギン酸Na、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、塩基性青99、HC青2、HC黄2、HC黄4、セテアリルグルコシド、ステアリン酸グリセリル、エタノール
容量
1本200g

1位 利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

成分
記載なし
容量
1本200g

利尻ヘアカラートリートメント